1. 営業代行・営業支援の業界団体【SSPJ 一般社団法人 日本セールスソリューションプロバイダー協会】 > 入会・認定方法

入会・認定方法

正会員

営業代行、営業アウトソーシングを行う企業

入会基準及び認定基準

当協会の設立趣旨や基本理念にご賛同いただき、当協会の資格基準に準ずる事業を行っている法人、又は、これを行おうとする法人。

正会員:
協会の目的及び事業に賛同する企業団体や法人及び個人

認定会員:
初期要件に準ずる資格を合格した正会員
(事業所)
また、更新要件に準ずる講習を受講しながら認定を更新する正会員

入会特典

  1. (1) 会員各社とご交流いただく機会が増え、情報ネットワークを広げていただくことができます。
  2. (2) セールスソリューションプロバイダー協会のロゴマークを名刺等にお使いいただけます。
  3. (3) 当協会のホームページにて、会員企業としてご紹介させていただきます。
  4. (4) 当協会の各部会にご参加いただけます。これにより、当業界の構築にご参加いただけます。
  5. 入会金 15,000円   年会費 96,000円

SSPJ企業認定会員の基準について

1)企業認定資格要件マップ
企業認定資格全体の要件概要を図にまとめています。

2)会員種別ごとの資格取得推奨イメージ
営業コンサルティング会社、営業アウトソーシング会社、テレマーケティング会社、人材派遣会社などSSPJ会員企業各社における資格取得の推奨イメージをまとめています。

3)企業認定会員定義
企業認定会員を4つの定義に分類し、それぞれを「初期要件」、「更新要件」に分けて文面にてまとめています。

準会員

広義の営業支援企業など、営業代行・営業アウトソーシング企業との連携が期待できる事業領域の企業

  1. 入会金 10,000円   年会費 60,000円

個人会員

営業職に関わる個人

  1. 入会金 なし   年会費 5,000円

1)企業認定資格要件マップ

資格試験MAP

2)会員種別ごとの資格取得推奨イメージ

(A)営業コンサルティング会社
【1】 + 【2】

(B)営業アウトソーシング会社(得意領域により異なる)
潜在ニーズ型セールス主体 : 【1】 + 【2】 + 【3】 or 【2】 + 【3】 or 【3】
顕在ニーズ型セールス主体 : 【1】 + 【2】 + 【4】 or 【2】 + 【4】 or 【4】

(C)テレマーケティング会社
潜在ニーズ型セールス主体 : 【2】 + 【3】
顕在ニーズ型セールス主体 : 【2】 + 【4】

(D)人材派遣会社
【1】 ~ 【4】の全て(得意領域により異なる)

3)企業認定会員定義

【1】コンサルティング/SSPJ認定 セールスプロフェッショナルコンサルタント
■営業戦略策定認定(営業戦略の策定が一定以上のレベルで行える企業)

初期要件:
営業支援業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1名以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルコンサルタント 」を受講していること。
「セールスプロフェッショナルコンサルタント」の受講者の1名以上が資格試験に合格し、常勤従事者として在籍していること。

更新要件:
営業支援業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1割以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルコンサルタント」のフォロー講習を年に1回以上受講していること。
当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルコンサルタント」資格を有する常勤従事者が事業所毎に1名以上在籍していること。

【2】戦術/マネージャー/SSPJ認定 セールスプロフェッショナルマネージャー
■営業戦術策定認定(営業戦略の策定が一定以上のレベルで行える企業)

初期要件:
営業支援業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1名以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルマネージャー」を受講していること。
「セールスプロフェッショナルマネージャー 」の受講者の1名以上が資格試験に合格し、常勤従事者として在籍していること。

更新要件:
営業支援業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1割以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルマネージャー」のフォロー講習を年に1回以上受講していること。
当協会が指定する「営業資格認定」の「セールスプロフェッショナルマネージャー」資格を有する常勤従事者が事業所毎に1名以上在籍していること。

【3】実行/営業アウトソーシング(潜在)/SSPJ認定 潜在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー
■潜在ニーズに対応できる営業活動実施認定(営業活動が一定以上のレベルで行える企業)

初期要件:
アウトソーシング業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1名以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「潜在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」を受講していること。
「潜在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」の受講者の1名以上が資格試験に合格し、常勤従事者として在籍していること。

更新要件:
アウトソーシング業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1割以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「潜在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」のフォロー購入を年に1回以上受講していること。
当協会が指定する「営業資格認定」の「潜在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」資格を有する常勤従事者が事業所毎に1名以上在籍していること。

【4】実行/営業アウトソーシング(顕在)/SSPJ認定 顕在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー
■顕在ニーズに対応できる営業活動実施認定(営業活動が一定以上のレベルで行える企業)

初期要件:
アウトソーシング業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1名以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「顕在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」を受講していること。
「顕在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」の受講者の1名以上が資格試験に合格し、常勤従事者として在籍していること。

更新要件:
アウトソーシング業務に携わる従事者(正規・非正規問わず)のうち、1割以上が当協会が指定する「営業資格認定」の「顕在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」のフォロー購入を年に1回以上受講していること。
当協会が指定する「営業資格認定」の「顕在ニーズ対応型セールスプロフェッショナルプレイヤー」資格を有する常勤従事者が事業所毎に1名以上在籍していること。

<各企業認定資格の共通要件>

【認定範囲】
認定の範囲は事業所単位で認定する。

【認定期間】
認定日より1年間とする。

【調査】
必要に応じ当協会からの実態調査の協力要請があった場合は協力要請に応じていただく

拡大する

 「各営業資格試験の内容」

セールスソリューションプロフェッショナルプレイヤー
=筆記試験により、営業に関する基本的な知識や認識をテストし、ロールプレイングによる各々の営業に必要なテクニックが備わっているかをテスト判定

セールスソリューションプロフェッショナルマネージャー
=セールスソリューションプロフェッショナルプレイヤーそれぞれの1級合格を前提に、営業戦術を組む際に必要な知識を筆記試験にて、また、必要な判断力をケース・スタディーにて判定

セールスソリューションプロフェッショナルコンサルタント
=営業戦略を組むのに必要な知識を筆記試験にて、また、必要な判断力をケース・スタディーにて判定

※全て資格試験に付随する講習会を試験前に開催し、受講することを前提に試験を受験することとなります。
※また、試験の範囲については、講習会にてガイダンスがあります。

 

入会に関するお問合せはこちら